書籍の紹介

「のび太」という生きかた

                   横山泰行「著」  ㈱アスコム  定価(本体1200円+税)
 「中学生が書いたこの本の読書感想文がすごい」とTVで紹介されているのを観て興味が湧き、本のタイトルに惹かれて読んでみました。
「ドラえもん」という永遠のアイドルは子供向けのアニメだと思っていましたが、
そのストーリーには
「大人にとっても身近な問題に対する価値あるメッセージがたくさん組み込まれている」
と著者は言われています。
 ダメな奴の代名詞、のび太が「憧れのしずかちゃんと結婚する」という人生の「勝ち組」になれたのは何故なのか、この本はそのヒントをマンガのストーリーを例にして解説しています。
 そこには、常に夢や希望を持ち続け、諦めずに何度も自分の力で解決しようとする、のび太自身の「自覚」と「努力」が描かれていて、私の中の「すぐドラえもんの道具に頼るダメな奴」というイメージの「のび太」はいませんでした。

 「すこやかに大きく、どこまでも、のびてほしい」という願いを込めて「のび太」と名付けられたというこの思いやりにあふれる、真っ直ぐな男の子を少しうらやましく思うと同時に、大人になった今、今度は社会人・大人の目線で「ドラえもん」を読み返してみようかなと思いました。

確定申告

2月16日から確定申告の受付が始まりました。
個人で営業されている方、平成22年はいかがでしたか・・・?
いくつかの申告をしましたが、さらに厳しい数字の方も多いようです。
 この時期に1年分の処理をさせていただくお客様もたくさんおられるのですが、途中で状況をお聞きして、アドバイスやご提案ができれば良かったなあと思うことがあります。
ご自身で経営状況を把握していただくのが、一番ベストですが、私たちも相談しやすい、良好な関係を築かなければと反省しています。
 今からでもプロのアドバイスが欲しい方、自分ではやっぱりできないと途方にくれている方、どうぞご一報下さい。

反省を糧に、お客様の立場に立って、親身に、ご相談に乗らせていただきます^^。

父親歴20年

今月で娘が二十歳になりました。
とはいえ、急に大人らしい言動をするようになるわけでなく、まだまだ子供なわけですが、本人の自覚以上に、これからはこちらも、一人の成人として接していくよう心がけなければと
父親歴20年目の誓いを立てた次第です。

他人に優しく、それと同じだけ自分にも優しく

昔見たドラマであった言葉です。
私は自分にだけ、甘ったるいので、反省をしています。
鳥インフルエンザや、新燃岳、豪雪・・・
記事を見たときだけ胸を痛め、すぐ自分のことしか考えない私ですが、
皆様が、一刻も早く元の生活を送ることが出来るように、願っています。