自粛後の生活

2月23日を最後に県外へ出ていくこともなく今日に至っています。

その間、予定していた旅行は当然のことながらキャンセルし、仕事以外、車で出かけたところと言えば、日用品の買い物だけという自粛生活を続けてきましたが、先月末に久しぶりの外食をし、先週末は蒜山まで出かけてきました。駐車場では県外ナンバーの車も見かけられましたが観光バスは1台もなく、バスの駐車スペースも普通車に開放してありました。外を歩く人はほぼマスクをしており、これからの日常を垣間見た感じです。

今年の夏は例年よりも暑いと(毎年そういわれているように思うが!)予想されています。そんな中でも、マスクは当たり前の日常を過ごしていかなければなりません。熱中症にも気を付けながら、ソーシャルディスタンスを守って生活していきましょう!

台風19号

東日本に甚大な被害をもたらした台風19号。新聞の情報によれば、過去最多の13都道府県にわたる自治体に「大雨特別警報」が出される事態となったそうです。又、千葉県に至っては台風上陸直前に、竜巻とみられる突風による被害や最大震度4の地震と、先月の台風15号による傷が癒える間も与えず襲い掛かる天災の猛威に、自然災害の恐ろしさをまざまざと見せつけられた感じがします。

昨年の西日本豪雨のように、比較的災害に遭いにくいとされてきた地域でもあのような想像しえなかった被害が起こったわけですから、今後もいつどこでどのような自然の猛威にさらされるかわかりません。避難ルートの確認や、飲食料の備蓄など日頃から「自分の身は自分で守る」心構えはしておきたいものです。

新元号

新元号「令和」になって早半月が立ちました。4月30日から5月1日へと日付が変わる瞬間など、テレビ等でも色々と盛り上がっていましたが、残念なことに個人的には少し温度差があったように思います。

その為か、あまり新しい時代を迎えたという感覚は正直いってありません。これはおそらく自分自身が、年齢とともに新しいことへの変化を受け入れにくくしているからで、そう思うと危機感すら感じます。

新しい時代、日々生活環境は確実に変化していくでしょう。時代に取り残されないよう、しっかりと信念をもって何事にも取り組んでいきたいものです。

 

逆効果!

ここ最近、ゆっくりとした時間を過ごすことで、「少しはリフレッシュできるのでは」との思いで日帰り温泉に出かけることが多くなりました。時には県内だけでなく、近県で日帰りで行けるところをネット等で探して出かけていくこともあります。

しかしこれが間違いのもとで、行き帰りで渋滞等に巻き込まれてしまい片道に2時間超も掛かったりすると、せっかく向こうでゆっくり過ごせても返って疲れるて帰ってくる、ということが何度かありました。

行き帰りの時間も含めて「リフレッシュ」できるような行程で動くように考えなければ、時間とお金の無駄遣いになってしまうなと反省する今日この頃です。

 

ワールドカップ

日頃サッカー観戦などしない人でも、4年に1度のワールドカップとなるとなぜか見入ってしまう。結構多いのではないかと思います。メディアの取り上げ方・盛り上げ方も全然違うので、当然と言えば当然ですが・・・。

そんな中、日本代表の予選リーグ最終戦の後半の戦術に賛否両論の声。(どちらかというと非難の方が多いのかもしれませんが)個人的には、「ありなんだろうな」とは思いつつも「そこまでして、決勝トーナメントに出る意味あるの?」という気持ちも正直あります。まあ、過去の歴史を見ても、同じような戦い方をしてきた国も多々あるようですし、勝ち上がることが最終目標であればそれも仕方ないことなのだろうと思いたいです。何はともあれ日本代表には是非とも決勝トーナメントで、非難の声を黙らせるような戦いをしてほしいと期待します。

平昌オリンピック

2月9日に開会式が行われ、25日の閉会式まで17日間の予定で冬季オリンピックが開催されます。個人的には、メディア等で取り上げられている選手や競技には少なからず関心はありますし、メダルの数も気になるところではありますが、連日テレビのニュース等での取り上げ方が、あまりにもメダルの数を意識し過ぎていて、「過去最高のメダル獲得数」になるのではと煽るだけ煽っている感じに、嫌悪感すら覚えています。

また、政治利用されている平和の祭典と言われるように、五輪に臨むスポーツの現場が半ば無視される形で、政治優先で融和モード醸し出されている感じにも同じ感情持ってしまいます。

そう言う意味で、開催中なのに、自分の中では盛り上がりに欠けてしまっているのが残念です。

衆議院解散に思うこと

9/28衆議院が解散、今月22日総選挙となりました。安倍首相としては、自分自身も自民党にとっても一番ベストのタイミングで解散に踏み切りたかったわけで、多少支持率が回復傾向にあり、民進党が弱っている今が最大のチャンスだと判断されたのでしょう。

来年の任期満了を待たずしての解散という点での不満はありますが、解散総選挙となった以上各党の足の引っ張り合いではなく、この国の将来をしっかりと見据えた論争をしていただきたいものです。

梅雨入りしました

5/月13日沖縄・奄美地方が、例年より4日ほど遅く梅雨入りした模様とのこと。その一方で、5/15桜前線が北海道・根室で平年より3日ほど早くゴールを迎えたそうで、同じ日本の中でも北と南ではこれだけ違った気候なんだということを、改めて感じさせられました。

これから1か月くらいはジメジメした一番不快な季節に入っていきますが、体調管理を十分にして乗り切っていきたいと思います。

新年

あけましておめでとうございます。
ひと言コラムが始まって〇年、年始のコラム担当は初めてです。

ここ数年、年末年始らしさが薄れていく感じがします。以前ならクリスマスや正月と言えば何かしら予定が入っていたものですが、近年は時間に追われそういった余裕のある時間の過ごし方が少なくなってきているように思います。その為「らしさ」を感じれなくなっているのだと思います。今年は時間に追われて日々を過ごしていくのではなく、仕事にも私生活にも少しだけ余裕をもって取り組んでいけるようにしたいものです。

断水

先週の日曜日の夕方に突然断水になりました。原因は近所の水道管の老朽による水漏れとのことで、3地区が断水状態となり復旧にどれくらいの時間がかかるかわからないとのことでした。蛇口をひねれば水が出る、当たり前のことのように思っていたことが、予告なしに断水になると、たちまち夕食の準備ができない、トイレや風呂も、手を洗うことすらできない。なんと不便なことだろう。たったの半日の断水でこの不便さ。
このたびの台風10号のニュースを見聞きするにつけ、住んでいる地域が災害が少ないことに対して、本当にありがたいことだと改めて感じますし、被災地の一刻も早い生活ラインの普及を心から願います。