倉敷の初優勝

「全国高校駅伝・男子」で倉敷(岡山)が4区でトップに立ち、初優勝した。アンカーを務めた名合治紀(2年)は「優勝することを心に秘めてやってきた。チームで勝った勝利。まだあまり実感はないけど、自分たちが歴史に名を残せたのは光栄。恩返しができた」とホッとした表情だったそうだ。(サンケイスポーツ)

生きているとたくさんの人に助けられていることに気付く。恩のある人に恩を返すことができる人は本当に素晴らしい。恩人の期待に応え、実力を高め、それを返せたのだから。ただし、一人では何もなしえない。周囲の人を忘れてはいけないだろう。相手を思う気持ちが、優勝の原動力だったのだと思う。本当におめでとうございます。

 

年末年始の交通安全

今年も気付けば12月後半になり、2016年もあとわずかとなりました。
師走は気ばかりがあせり、車の運転も雑になりがちですね。
年末・年始はいつも以上に交通量が増え、交通事故が多発する時期です。
最近は特にお年寄りの事故が多いのでお年寄りは運転の際、
◎まつ(次の安全を待つ)
◎みる(周囲の状況を見る)
◎むりせず止まる(交差点などでは無理せず止まる)
◎もっと知る(自分の身体機能の変化をもっと知る)
を念頭において運転されることをお勧めします。
交通事故に注意して晴れやかな新年を迎たいものですね。

サッカーJ1岡山へ

岡山のサッカークラブであるファジアーノ岡山は、先日大阪でJ1昇格を懸けたプレーオフが行われました。
0対1で敗れ、昇格は持ち越しとなりましたが、地元チームが活躍すると地域経済も活性化されているようです。
クラブは発足当時に6社だったスポンサーを10年で620社に増やし、営業収入は10年で約150倍の12億円程度まで増えています。
J1昇格は観客動員の増加だけでなく、岡山への観光誘致の期待がとても大きいと期待されています。
今年はプロ野球の広島カープの優勝もあり、中国地方のスポーツビジネスに明るい兆しが出てきているのかもしれません。

いじめ

ここ最近、原発事故避難の子供へのいじめが話題となっています。
子供同士でだけではなく、教師の発言や対応の仕方にも大きな問題があります。
福島での大震災では「頑張れ日本!」をスローガンにし、助け合いの心が、芽
生えていたように思っていたのですが。
避難している方々の心の傷を癒す事を考えなければならない立場の人達が、そ
の傷をさらに深くえぐるような行為をする。同じ日本人として恥ずかしいです。
岡山にも、多くの方が避難されています。周りでは、いじめの話を聞きませんが、
見えていないだけなのかもしれません。
最近、自然災害が増えています。いつ何時、自分が被災者になるかわかりません。
だからこそ、助け合いの心を忘れずに頑張っていこうと思います。