恵の雨?

梅雨入りして以降、真夏を思わせるような天気が続きましたが、
先週からやっと梅雨らくなってきました。
雨を必要としている農家にとってはまさに恵みの雨になっていることでしょう。
気象庁の長期予報では、たしか今年の梅雨の間の降水量は少ないと聞きました。
梅雨入り前の降水量も例年に比べると少なく、先月の西日本の降水量は平年の40%弱とのこと。
当り前のことですが、水を大切にしましょう!

運動会に行ってきました。

先週、小学校の運動会を見に行ってきました。
小学生の子供達を見ていると、先生の言う事を良く聞いているものだなぁと関心しました。親の言う事よりも素直に聞いている気がします。
先々週は中学校の運動会でした。さすがに中学生となると、生徒主体の運動会で先生はサポート役でした。家ではボヤーとしている我が子も、学校では役員の仕事をこなしていました。
我が子の成長を垣間見れて、嬉しい運動会でした。

書籍の紹介

NHK「100分de名著」ブックス 福沢諭吉 学問のすゝめ
                              NHK出版

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という有名なフレーズから、
単に平等を訴えた本であるとしか思っていませんでした。

↓以下は、この本を読んだ上での私の認識です。
  実際には『「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と云へり』
  までが一つの文章で、
  この「学問のすすめ」で福澤諭吉が言いたいのは
  ①世の中平等って言う人もいるけど、貧富や地位の差が実際には有るよね。
   その中で自分が上に上がろうと思えば学問するしかないよね。
  ②学問っていっても、単に知識をひけらかすためのものではなくて、
   役に立つようなものがいいよね。
   ということだ

 

梅雨

先月27日、岡山も梅雨入りしました。例年より11日ほど早い梅雨入りだそうです。

じめじめべとべとする、洗濯物が乾かない、外出の予定がたてにくい、何かとマイナスイメージがつきまとうこの季節ですが、なぜ梅雨とよばれるかご存知ですか。

諸説あるようですが、この長雨はそもそも『ばいう』といい、中国から伝わってきたそうです。揚子江流域でちょうど梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨(ばいう)と呼んでいました。
そしてその後「ばいう」が日本に渡り、江戸時代ごろから「つゆ」と呼ばれるようになったと言われています。
「つゆ」と呼ばれる理由は、雨で濡れた木の葉の『露』、梅の実が熟してつぶれる時期であることから『潰る』、長雨で食べ物や衣類などが腐ってしまいやすい時期のため、減る・衰えるを意味する言葉の古語の『潰ゆ(ついゆ)』など様々な説があります。

天気とともに気分まで沈んでしまいそうな季節ですが、最近では梅雨を楽しく快適に過ごせるおしゃれなレイングッズも販売されていますので、この時期ならではの風情を感じられたらなと思います。