冬の終わり?

3月になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。特に朝は布団が恋しくてなかなか起きられないなんて日がよくあります。かと思えば昼は20℃近くになったりと日本の季節感が心配になります。
ところで今日3月3日はひな祭りですね。男ばかりの環境で育った自分にはあまり関係がありませんでしたが、女の子がいるご家庭の方はぜひこういうイベントも楽しんでみてはいかがでしょうか。
確定申告の期限が延びたとはいえ、自分も含め関係者の人は忙しい日々を送られていることかと思います。そんな時でも心に余裕をもって生きていけるようになりたいと思うばかりです。

鬼は外 福はうち

本日2月2日は、明治30年以来の124年ぶりの節分です。暦のずれの関係で明日が立春になるそうです。とても珍しいことのようで、そう聞くとこれまでとは少し違って、節分の日を楽しもうという気になってきます。124年ぶりの今日を生きているということにも価値があるように思えてきます。またこういったことがきっかけで節分について詳しく調べてみたり、周りに聞いたり…風習を存続させることにも繋がっていくような良い日だと感じました。

こういったしきたりやならわしが、少しずつ薄れていっているのが現実です。古くから続いていることにはやはり意味があるように思います。便利なものがたくさん現れてそれはそれで良いことですが、だからといって昔から続いているものを消してしまわず、上手に残していけたら良いな、とふと思う一日でした。

変化の年

2020年は色んな部分で生活様式が変化した年でした。

またそれは、2021年の今年も同じく続いていくと思います。以前と同じ様な生活ができることを待ち望んでいますが、進化論で有名な「ダーヴィン」は「唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」と言っています。

以前と全く同じ生活に戻るということは難しいかもしれません。残すべき部分は大切にして、変えることが出来る部分に関しては、変化に柔軟に対応していきたいなと感じます。

デジタル化について

2020年は社会が変わる大きなきっかけになった年になったと思います。「デジタル化」「脱炭素」などが今後社会が大きく変わるテーマがかと思います。

こと「デジタル化」においては、税務業務において大きな影響を与えてくると思います。次回の確定申告からはe-taxによる電子申告でなければ青色申告特別控除額が減ることになります。まだ決まっていないですが、今後医療費の計算はマイナンバーカードに紐づけられ計算の必要がなくなる予定です。その他これから様々な変更が加えられることでしょう。

時代の変化にしっかり追いついていかないといけないと思います。

基本が大事

今年もあと少しとなりました。
事務所では年末調整の作業がピークになる頃です。
今年から「基礎控除額の引上げ」や、「ひとり親控除」など変更点もありますが、
基本的な計算方法は変わらないので、しっかりと確認して理解しましょう。

コロナ対策もそうですが、基本的にはしっかりと手洗いうがいをして、
マスクを着用し三密を避けることが、感染予防に一番効果があります。

感染予防のおかげで、今年はあまり鼻炎や花粉症に悩まずに過ごすことができました。
何事も基本が大事です。

最多更新

 昨日11月12日は、新型コロナウイルスの新規感染者が8月以来最多を更新しました。
「第3波」と言われおり、冬に向けて更に用心が必要な様子です。
春先の第1波と比べると警戒感が無くなっています。
感染は怖いのにあちこち行きたい自分がいます。
ウイルスが身近に迫って来ていることを改めて認識したいです。

コロナ禍で思う事

2020年も残りあとわずかとなって参りました。
本当であれば今年東京オリンピックが開催される年でしたが、コロナの影響で延期になってしまいました。
現在もコロナが終息しているとはいいがたい状況です。
今までに経験した事のない感染病ということもあり対応策もいまだはっきりしていないのが現状です。
来年にはコロナ用のワクチンが出来上がるという事なので、1日も早くコロナに怯えなくてもよい日常生活が送れるようになれれば良いな、と思います。
感染予防、対策をしっかりしていきましょう!

熱中症

毎日暑い日が続いています。
先日、友人が熱中症で倒れたと連絡がありました。
水分をしっかり取っていたにもかかわらず、何の前触れもなく突然頭がグラッときて気を失ったそうで、本人もとても驚いていました。
幸い大きなケガもなく、体調も回復してきているそうですが、明日は我が身と思い、気を付けなければと改めて感じた出来事でした。

水分はのどが渇いたと感じた時点で、すでに体は軽い脱水症状になっているとよく聞きます。
正しい水分補給を心掛けて、今年も暑い夏を元気に乗り切りたいものです。

癒し

我が家では昨年9月からキジトラ猫を知人から譲りうけて飼い始めました。

その後子供たちはコロナ禍で学校に行けなくなり、自宅にいる時間が
増えましたが、猫が一緒にいることがとても癒しになったと言っています。
私自身も同じです。

まだまだ大変な時期が続きそうですが、少しでも癒しの時間、気持ちをもって
過ごしていきたいと思っています。

コロナに思う

新型コロナに影響を受けた事業者への支援が届きだしています。
「持続化給付金」は、始まった当初は問題も多かったようですが、今は不備がなければ10日ほどで入金されています。
自治体も「支援金」が出されていたり、設備に補助が出ることもあるようです。
申請が複雑だと、批判されていた「雇用継続支援金」を受給されたお客様もちらほら出てきました。
今後は「家賃支援給付金」の申請が始まるのかと思います。
先行きに不安はあるものの、すこしほっとされているお客様が増えてきたように感じます。

当事務所としても、可能な範囲で、情報発信・申請の助言等行っています。
今までも、これからも、頑張る中小・零細企業の皆さまを応援していきます。