コロナ後の世界

世界的な著名投資家ウォーレンバフェット氏が、「コロナが収束した後、昔のように皆が飛行機に乗るかが見通せない」として航空株を全て売却したことが話題になりました。

多くの著名人がコロナによって世界が変わると言っています。コロナが収束した後も人々の消費行動などは以前と変わると思います。

どうなるかは誰にも分かりませんが、この変化に対応していかないといけないと思います。

 

5Gの影響について

5Gによる通信革命は通信業界だけでなく、様々な業界に影響が出そうです。

そんな中、トヨタ自動車から「自動車屋さんをやめます。」という発言がありました。

5Gの普及により、自動運転、カーシェアリングシステムが発達していき、自動車は買わなくても運転して好きなところへ乗っていける時代が来る。しかし車を使ったサービスはなくならないので、「車を売るトヨタ」から「車のサービスを提供するトヨタ」に変わっていくという意味の発言だそうです。

大企業は次世代に向けて早くも動きだしています。この時代の流れに遅れないように、日々努力していかないといけないなと感じました。

マイナンバーカード

皆様、マイナンバーカードはお持ちでしょうか?今現在の普及率は13%程度のようです。

17日のニュースによるとマイナンバーカードが今後健康保険証として使えるようになり、医療費控除の控除額を税務署で自動的に計算してくれるようになるそうです。

今のところカードを持っているメリットは少ないように思えますが、今後、いろいろな行政サービスが受けられ、便利になってくると思われます。。

ふるさと納税

今年も残り3か月を切りました。ふるさと納税をどの自治体にしようか悩んでいる方も多いと思います。

今このふるさと納税の制度見直しが検討されています。問題となっているのは高額返礼品です。故郷や応援したい地域への納税という本来の趣旨から大きく離れてしまっています。返礼品の調達価額を寄付額の3割以下にするよう、総務省で検討されています。

今年は、豪雨や地震など大きな災害が多いです。返礼品目的の寄付もいいですが、こういった被害にあわれた地域への寄付も考えてみてはいかがでしょうか。

メルカリの上場

メルカリが6月19日に東証マザーズに上場しました。初値は公開価格の約1.5倍になり、一時、時価総額がマクドナルドに匹敵するまで上昇するなどお祭り騒ぎになりました。当選された方、おめでとうございます。

最近では、人工知能開発のHEROZが上場した際、初値が公開価格の約10倍になるなど、新規株式公開がにぎわってます。

儲かっている会社ほど資金調達は簡単であり、お金持ちがさらにお金持ちになる世の中だなと思ってしまいます。

AIについて

私が毎朝見ているニュースでは、AIが日経平均を上げ下げや、注目銘柄を予想しているコーナーがあります。体感的には的中率50%ぐらいで、いつも話半分で聞いています。

ただ、今後AIの進歩は侮れないと思います。ビックデータを使った定量的な分析は人間よりはるかに優れているでしょうし、今後SNSなどがより広まっていけば、AIの課題であった定性的な分析もできるんじゃないかなと想像しています。

すごい時代に入っているなと思います。

ビットコインで買い物

ビットコインの国内保有者は70万人で、決済に使えるお店は続々と増えているみたいです。電子マネーのようにどんどん広まっていくんだろうと思います。遠い将来では、紙のお金はなくなっているかもしれません!

ビットコインといえば投機のイメージがあると思います。某TV番組で、普通の紙幣は発行している国が潰れたら、その紙幣価値がなくなるけど、ビットコインにはそのリスクがないと紹介されていました。しかし、それと同等もしくはそれ以上のリスクはあると思いますので注意したいです。

ちなみにビットコインから生じた利益は、雑所得として申告が必要です。